今さら聞けない、「インナーマッスル」って結局何を鍛えているの?

  • 2014/8/10

ここ最近インナーマッスルと言う言葉は一般の方にも定着している言葉です。
野球やテニスなどのボールを投げたりラケットを振る競技の選手のトレーニングでもよく行われます。
ウエイトトレーニングのウォーミングアップでゴムチューブや軽いダンベルを使う方や、
ピラティスやヨガと言ったエクササイズに参加する方もいらっしゃいます。
しかし、一口にインナーマッスルと言っても筋肉によって役割は違います。
今回はインナーマッスルに関する情報をお伝えします。

インナーマッスルとは

先ず、インナーマッスルは直訳すると「内側の筋肉」です。
身体の表面からは見る事が出来ない(もしくは見えづらい)筋肉の事を指すことが多いです。
最も広く一般に知られているのは肩の肩甲骨の周囲にある「回旋腱板」と言われる筋肉です。
この回旋腱板は4つの筋肉から構成され、主な役割はボールを振りかぶって投げる動作で使われます。
また、漫才で言う「ツッコミ」で相方を手の甲で払いのけるように叩く動作でも使われます。
この筋肉たちは非常に薄く、強い力を発揮することは苦手です。
しかし、投球動作では非常に大きな力が肩関節に加わり、その繰り返しによって痛む事があります。
転倒して手をついたり、電車やバスのつり革につかまっていて急停車した際など、ひょんな事でも傷めてしまうほどです。

アウターマッスル

このインナーマッスルと対比となるのが「アウターマッスル」です。
一般的なウエイトトレーニングやウォーキング・ジョギングなどの日常生活で使われる、身体の表層を覆う筋肉です。
ここ最近はインナーマッスルがフォーカスされる事が多いのですが、
実はインナーマッスルはアウターマッスルと連動して動きます。
なので、インナーマッスルだけを鍛えようとしても、アウターマッスルも一緒に動きます。
と言う事は、通常の筋力トレーニングを行えば特に問題無いのです。
良い姿勢を保持しながら良いフォームでトレーニングをする。
苦しくなってもフォームを崩すことなく完遂する。
その際に自然とインナーマッスルは鍛えられています。

姿勢を保つ

肩甲骨を寄せて胸を広げた姿勢を保つこと、お腹に力を入れて腰が丸まらないよう保つこと。
それらを行えれば良いだけなのですが、ウエイトトレーニングではそれが難しい事もあるので、
ヨガやピラティスと言ったエクササイズを受けて姿勢を保持する事に意識を集中させることも必要かと思います。

車で表現をすれば、アウターマッスルはエンジンやフレーム、インナーマッスルはサスペンションやタイヤです。
いくら優れたエンジンでもサスペンションやタイヤがしっかりしていなければ、性能を発揮するのは困難です。
力があってもコントロールが出来ないのは問題です。

まとめ

バーベルやダンベルで高重量を扱えるけれども自分の姿勢を保持する事が出来ない。
逆に言えば姿勢は良くても力をが無いのでは、日常生活やスポーツ活動にも問題が生じます。
インナーマッスルのトレーニングは悪いものではありませんが、それ以外のトレーニングも重要です。
色々なトレーニングをする事が自分を高めてくれます。

動画の紹介

筋トレ計画ではインナーマッスル(体幹)を鍛えるトレーニングを動画で紹介しています。ぜひご覧ください。


この記事の著者

筋トレ計画チーム

投稿者プロフィール

初心者〜中級者向けの筋トレメニュー、スポーツサプリメントについての情報をわかりやすくお届けします。FacebookやYouTubeチャンネルでも情報を発信しているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

更新情報や筋トレ知識を発信中!

この著者の最新の記事

関連記事

背中の筋トレはプロでも難しい

身体が大きい人の方が力が強いとは限らない

ページ上部へ戻る