「太れない」体質の人が身体を大きくするためにするべきこと

  • 2014/7/14

「太れない」体質の人が身体を大きくするためにするべきこと

トレーニングの目的は人それぞれです。
身体をシェイプアップする事が目的の人が圧倒的に多いですが、
筋肉を発達させて身体を大きくしたいと言う人もいます。
後者の場合、元々身体の線が細いのを改善したいからと言う人も多いです。
しかし、頑張ってもなかなか太れないと言う悩みを相談されるケースがあります。
今回は太りたくともなかなか改善出来ない方へのアドバイス・ヒントをご紹介します。

体重を増やす=絶対的なカロリー摂取量を増やす

体重を増やす=絶対的なカロリー摂取量を増やす

身体が大きい人は食べます。
強い人もたくさん食べます。
これは、マンガでも現実世界でも同じです。
先ずはとにかく食べる事が太るための絶対条件です。
食が細い人は太る事は出来ません。
一度に大量に食事を摂る事が難しければ回数を増やしたり、
固形物を摂るのが苦手ならば、液体でカロリーを摂取する。
胃腸が弱いのならば、消化に負担の少ない食べ物を積極的に食べる。
今の自分自身が出来る最大限の努力を継続して行う必要があります。
栄養のバランス云々よりも、とにかく絶対的なカロリーを摂取する事です。
絶対的な量・カロリーが確保できるようになったら、その次に中身の見直しをかけましょう。
これは私が中学生・高校生の部活動にトレーナーとして指導をする際に必ず言う事です。
歴史上の豪傑、マンガやアニメのヒーロー、主人公たちは皆食べるはずです。
彼らが小食と言うのは到底似つかわしくないはずです。
強くなりたければ食べる。先ずはそこからです。

トレーニングをする

トレーニングをする

当然ながら筋肉を発達させるためにトレーニングは必要不可欠です。
筋肥大を起こし、筋肉のサイズをアップさせる事が太りたい人のゴールでもありますから、
歯を食いしばりお腹に力を入れ、脚で床を踏みつけて重りに挑みましょう。
そして、時間がある限りジムへ通うようにしましょう。
週に1回のペースのトレーニングで筋肉はそう簡単に発達はしません。
筋肉の発達した人は毎日のようにジムへ通っています。
顔を洗う・歯を磨くのとトレーニングをする事が同じ様になる位まで継続しましょう。

サプリメントも上手に活用する

サプリメントも上手に活用する

太りたい人は一度に多くの固形物を摂取する事が苦手な傾向にあります。
そこで、運動中の水分を真水からスポーツドリンクに変えて糖質でカロリーを摂取し、
トレーニング後のプロテインも「ウエイトゲイナー」に切り替えましょう。
このウエイトゲイナーは、通常のたんぱく質が主体のプロテインと違って炭水化物を豊富に含んでいます。
通常のプロテインよりもカロリーがありますから、絶対的なカロリーを増やすためにも積極的に活用しましょう。

まとめ

まとめ

私自身がボディビルにチャレンジした時、オフシーズンに176cm,85kgにチャレンジをした事がありました。
しかし、82kgで頭打ちを起こして苦しんだ事があります。
その時は大量にカロリーを摂取し、起床時とトレーニング直後以外は空腹の時間を一切作らず、
常に何かを口にしているような食生活を送っていました。
太るためにはとにかく食べる事が何よりも求められます。


この記事の著者

筋トレ計画チーム

投稿者プロフィール

初心者〜中級者向けの筋トレメニュー、スポーツサプリメントについての情報をわかりやすくお届けします。FacebookやYouTubeチャンネルでも情報を発信しているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

更新情報や筋トレ知識を発信中!

この著者の最新の記事

関連記事

モテる筋肉とモテない筋肉を徹底検証!

背中の筋トレはプロでも難しい

ページ上部へ戻る