新発売!プロテインバーの常識を覆すHALEOバーとは?

  • 2018/5/25

「新しくHALEOのプロテインバーが発売されたけど、どんなものなんだろう?」
「他のプロテインバーと比較して、どこが違うんだろう?」

あなたは今このように考えてはいませんか?

ついにHALEOからもプロテインバーが発売された。
ハレオプロテインバー

これまで色々なプロテインバーを試してきたけど、他のプロテインバーと比べて何が違うのだろうか。

試す前にどのようなものなのか、しっかりと理解しておきたいですよね。

パウダーをシェイクすることなく、スイーツ感覚で手軽にタンパク質を摂取できるプロテインバー

美味しくラクにタンパク質を摂取できるため、日頃から愛用している方も多いのではないでしょうか?

そんなプロテインバーですが、高級サプリメントメーカー「HALEO」からもついに発売されたんです…!

このHALEOのプロテインバー、一般的なプロテインバーとはまったく違った特徴を持っており、まさしくHALEO製品と言ったところ。

CEOデービッドホルトン氏の情熱が感じられます。

今回はそんなHALEOのプロテインバーがどんな特徴を持っているのか、他のプロテインバーとは何が違うのか解説していきます。

あわせてプロテインバーのレビューもしていきますね!

この記事が、これからHALEOのプロテインバーを試したい人のお役に立てれば幸いです。

【従来のバーの常識を覆す】
HALEOバーの特徴とは?

HALEOプロテインバーの大きな特徴として、

  1. 熱を加えていない
  2. 100%ミルクプロテイン

まずこの2つがあげられます。

このことって、プロテインバーとしてはスゴいことなんですよ…!

火を通してないプロテインバー

実は一般的なプロテインバーは、加工する段階で加熱しているため含まれるタンパク質が変性してしまっているんですね。

タンパク質が変性することで、タンパク質そのものが悪くなってしまうわけではありませんが、体内での利用効率が低下してしまうんです。

簡単にいうと「体内で使われにくくなる」ということ。

その点、HALEOのプロテインバーは非加熱でタンパク質が変性していないため、他のプロテインバーよりタンパク質が効率よく使われるんですね。

また熱を加えていないことで、高温で壊れてしまう栄養素もそのまま残せています。

非加熱タイプのプロテインバーは、このHALEOのもの以外に見たことがありません。

メーカーが販売しているプロテインバーとしては「世界初」ではないでしょうか?

原料のタンパク質は
ミルクプロテイン100%

ミルクプロテイン

HALEOプロテインバーはタンパク質原料が、牛乳由来の「ミルクプロテイン100%」であることも大きな特徴です。

というのもプロテインバーのタンパク質はソイなど植物性のものだったり、牛乳由来のホエイとソイをミックスしているものがほとんど

ソイなど植物性タンパク質や、牛乳由来のホエイとソイのミックスもタンパク質としてはけっして悪いものではありません。

しかし筋肉への効果に関して言うと必須アミノ酸のBCAA、中でも筋肉づくりに効果的なロイシンが豊富に含まれているミルクプロテインの方が優れているといえます。

「筋肉を効率的につけていきたい!」そんな方にはオススメの1本ですね。

オーガニック志向の人にも
ピッタリ

さらにHALEOプロテインバーは自然なものだけを原料として作られているため、オーガニック志向の人にもぴったりなんです(^ ^)

今回発売された宇治抹茶味は、宇治抹茶そのものを使用して味をつけています。

合成香料や人工甘味料を使用せず、自然の素材を使用しているということですね!

さらには砂糖の代わりとして、体内でプレバイオティクスとしてはたらくイソマルトオリゴ糖や自然な甘みのハチミツが使用されています。

イソマルトオリゴ糖とは】
タピオカやじゃがいも、トウモロコシのデンプンに酵素を加えて分解したオリゴ糖。
摂取することで腸内の善玉菌のエサとなり、腸内環境の改善に役立つ。

また「保存料も不使用」というこだわりよう。

「自分の体に入れるものは、できるだけ自然なものがいい!」そう考えている人にとってもオススメの1本と言えますね♪

含まれている脂肪もヘルシー

ココナッツオイル

またHALEOプロテインバーの脂質にもこだわっています。

使用されている脂質は「ココナッツオイル」「アーモンドペースト」など。

ココナッツオイルに含まれる中鎖脂肪酸は摂取してもすぐに消化されてエネルギーとして使われやすいため、脂肪として蓄積しにくいんです(^ ^)

またアーモンドペーストは体内では作り出すことのできない多価飽和脂肪酸「αリノレン酸」豊富に含んでいます。

αリノレン酸とは】
食物などから摂取する必要のある必須脂肪酸のひとつ。
摂取することで悪玉LDLを抑制し、善玉のHDLを増やす働きがある。

脂質も体のために考え抜かれているとは…。

さすがHALEOです!


いかがでしょうか。
まずここまでの内容をまとめると、HALEOプロテインバーは

  1. 非加熱でタンパク質変性の心配がない
  2. ミルクプロテイン100%
  3. 人工香料・甘味料・保存料不使用
  4. 砂糖の代わりにプレバイオティクスファイバーやハチミツを使用
  5. ヘルシーなココナッツオイルやアーモンドペーストを使用

という特徴があり、これまでのプロテインバーとはまったく違うものと言えます。

またチアシードなど話題のスーパーフードも入っている魅力的なプロテイバーですね

ただこれほどまでのプロテインバーを発売するまでは、かなり試行錯誤を重ねているようなんです(^^;;

30回以上試作品を開発したり、製造機械も特注で作ったりなど開発にかなり苦労したようです。

以前いちど販売直前までたどり着いたようでしたが、販売延期になってしまいましたよね。

クソッ! – 長期間(1年半以上)大変な労力をかけ完成寸前のところまできましたが、皆さんとお約束した商品をお届けできないことに、今、私は胸が張り裂ける思いでいます。 – 数日前、私は工場でプロテインバーの最終生産作業に立ち会い、その全てが順調にいっているかのように見えました。 – しかし、商品包装から倉庫への輸送のどこかの時点で、このプロテインバーは私達が満足できない状態になってしまいました。 – まだ誰も成し得たことのないものを創り上げる時、苦悩はつきものです。商品の販売に備え、期待を超えるレベルに達するまで継続的に成分を改善し続けなければなりません。想定外の事態が重なり、後退しなければならなくなる時もあります。 – 人生と同じように、ビジネスも全ての闘いに勝てるわけではなく、大きな努力でさえ報われないこともあります。 – しかしながら、私達は簡単に終わらすことはしません。たとえ再びゼロから出発することになろうとも、立ち上がり、成功させます。 – 大きな期待を寄せて下さっていた多くのお客様に、心よりお詫び申し上げます。#HALEO #madeinjapan🇯🇵

David Haltonさん(@davidhalton)がシェアした投稿 –

ただこれも「ユーザーに最高のものを届けたい」という思いゆえのもの。

いかにこのプロテインバーに情熱を注ぎ込んでいたかがわかります。

【レビュー】
HALEOプロテインバーを食べてみた!

ではそんなHALEOのプロテインバーを早速食べていきたいと思います!
ハレオプロテインバー

パッケージに大きく描かれた「HALEO」の文字がかっこよく、手にとっただけででワクワクしちゃいます(^ ^)

HALEOプロテインバーの成分は、こんな感じ。
ハレオプロテインバーの成分

1本あたりタンパク質20g以上と、普通にプロテインを飲むのと同じくらいのタンパク質を摂取できます。

ではそのタンパク質量がどれほどのものなのか、他プロテインバーと比較しましょう!

※ タンパク質量はフレーバーの中でもっとも多いものを表記しています。

  タンパク質含有量 タンパク質の種類 価格(税込)
ハレオバー
HALEO
20.5g ミルクプロテイン 450円

DNS
15.6g ホエイ、大豆、小麦 388円

ウィダー
10.5g ホエイ、大豆 162円

ファインラボ
18g 玄米、えんどう豆
キヌア
465円

マッスルファーム
20g ミルク、ホエイ、大豆 314円

BSN
20g ミルク、ホエイ、大豆 317円

Oh Yeah!
20g ミルク、ホエイ、大豆 356円

クエスト
21g ミルク、ホエイ 326円

いかがでしょうか?

国内産の中では最大のタンパク質量で、海外産プロテインバーにも負けていません。

先ほども紹介しましたが、タンパク質原料がミルクプロテインのみを使用しているのも特徴的ですね!

他のプロテインバーをみてみるとほとんどが、ホエイやミルクなど牛乳由来のものと植物性タンパク質をミックスしています。

このミックスタイプのプロテイン、単純にタンパク質を補給するためであればまったく悪いものではありません。

海外産プロテインバーとして有名なクエストバーもミルクとホエイのミックスですが、こちらは製造段階で熱を加えているため、タンパク質が変性している可能性が高いです(^^;;

タンパク質の体内での利用効率、また筋肉への効果を考えてみるとやはりHALEOプロテインバーと言ったところでしょうか。

肝心の価格はというと1本あたり450円。他のプロテインバーより少し高く見えます。

しかしHALEOプロテインバーの

  1. 火を通していない特殊な製法
  2. 100%ミルクプロテインで筋肉への効果が高い
  3. こだわり抜かれた原料を使用していて体にも優しい

という特徴を考えると「この価格は妥当かな」と個人的には思いますね!

パッケージを開けると、中身はこんな感じ。
ハレオプロテインバー

棒状ではなく、3つのブロックに分かれています。
大きさは一口サイズよりもやや大きめです。1つがちょうど二口分くらいですね!
ハレオプロテインバー

ずっしりとしていて、食べ応えがありそうですね。

食べてみると食感は「固すぎず柔らかすぎず絶妙な食感」と言ったところ。
ハレオプロテインバー

プロテインバーの中には

  • 歯を立てないと食べられないほどカタい
  • ネチョネチョとして歯にくっつき、食べにくい

など食感に問題があるものも多いですが、HALEOのプロテインバーは「ストレスなく食べることができる!」という印象です。

またバーの中にアーモンドが入っていることも、食感のアクセントになっています。

肝心の味はというとプロテインバーの食感もあいまって、まるで抹茶味の和菓子を食べている気分になりますね!

見た目の通りかなりお腹にたまり、1本食べただけで満足感があります。

トレーニング直後というよりかは、間食として食べたい感じですね。

1本でかなり満足感があるので、食事の置き換えとしても使えそうです(^ ^)

ただダイエット中の方はあまりにも美味しいからと言って食べ過ぎには注意してください笑

1本あたり300kcal以上ありますからね(^_^;)

またちょっと話がずれますが、ダイエット中の方は「糖質1g 食物繊維15g」などと表記している海外製のプロテインバーにも注意が必要です。

というのも海外製(とくにアメリカ)のプロテインバーでは、しっかりとカロリーがあるイソマルトオリゴ糖が食物繊維として表記されていることが多いんですよ(^^;;

食物繊維と聞くと、消化吸収されずに腸内の老廃物の排出してくれる健康的なイメージがありますよね。

たしかにイソマルトオリゴ糖も食物繊維と同じようなはたらきがありますが、糖質と同程度のエネルギーになってしまうので注意しましょう。

海外製プロテインバーの糖質については、こちらの記事でくわしく解説しています。
あわせてチェックしてみて下さいね。
>>糖質制限中の方は注意!プロテインバーに含まれる隠れた糖質とは?

さいごに

今回はHALEOプロテインバーについて、どのような特徴があるのか解説してきました。

HALEOプロテインバーは

  1. 非加熱でタンパク質変性の心配がない
  2. ミルクプロテイン100%のタンパク質原料
  3. 人工香料・甘味料・保存料不使用
  4. 砂糖の代わりにプレバイオティクスファイバーやハチミツを使用
  5. ヘルシーなココナッツオイルやアーモンドペーストを使用

などの特徴があり従来のプロテインバーとはまったく違う、新しいプロテインバーと言えます。

さらには食感も固すぎず柔らかすぎず、絶妙な固さで食べやすい。

甘さもひかえめで、食べ飽きない美味しさのHALEOバーをぜひ試して見てくださいね。

HALEOバー 宇治抹茶

史上初の非加熱プロテインバー!
高品質なミルクプロテイン20gを
宇治抹茶の美味しさで。

公式サイトで購入する

 

今回のHALEOバーですが、今のところバルクスポーツ公式サイトのほか

  • HALEO代官山
  • HALEO表参道
  • HALEO仙台

といった店舗のみで販売しているようです!

一時期売り切れていましたが、再入荷したようなのでぜひ試してみてくださいね(^ ^)
また新しく、チョコレートフレーバーも登場するみたいです!

いかがでしたか?

この記事が、これからHALEOバーを試したい人のお役に立てたのであれば幸いです。


この記事の著者

筋トレ計画チーム

投稿者プロフィール

初心者〜中級者向けの筋トレメニュー、スポーツサプリメントについての情報をわかりやすくお届けします。FacebookやYouTubeチャンネルでも情報を発信しているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

更新情報や筋トレ知識を発信中!

この著者の最新の記事

関連記事

テストステロンUPで筋トレを効果的に!バルクスポーツテストフェン

27種の成分を配合した「アナバイト」その効果や口コミ、飲み方は?

ページ上部へ戻る