知らなきゃ損!高品質かつ低価格で人気を集める「バルクスポーツ」とは?

  • 2017/6/6

「安くて高品質なスポーツサプリメントは無いかなぁ・・・」
「きちんと効果のでるスポーツサプリメントが欲しい!」

このように考えているそこのあなた!
「バルクスポーツ」というスポーツサプリメントブランドはご存知ですか?

バルクスポーツ

この「バルクスポーツ」は宮城県仙台市に本社をおく、株式会社ボディプラスインターナショナルが展開しているスポーツサプリメントブランドで、主にプロテインやアミノ酸などのサプリメントを取り扱っています。
姉妹ブランドとして、高級サプリメントブランドの「HALEO」があります。
バルクスポーツは「高品質かつ低価格」ということが売りで登場してからトレーニングに真剣に取り組む人々の間で一躍人気になり、今では一般の方からトップアスリートまで広く愛されています。

ですが、

  • 「本当にバルクスポーツって高品質なの?」
  • 「安いのは何か裏があるんじないの?」

と思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
このように思っているのであれば、これまでになかった最高のサプリメントに出会えるのに非常にもったいないです・・・。

そこで今回は

  • なぜバルクスポーツは高品質と言えるのか?
  • バルクスポーツはなぜ低価格を実現できているのか?

という観点でお話していきたいと思います。
合わせて「バルクスポーツの主なサプリメント」「どこで入手できるのか」についても紹介していきますね!

「高品質なサプリメントを安く入手して、体づくりの効率UP・トレーニングのパフォーマンスUPに繋げたい!」という方は知らなきゃ損ですよ〜!

それでは参ります!

バルクスポーツのこだわり抜かれた品質

バルクスポーツで製造販売されているサプリメントは、原料の段階からこだわってつくられているため高品質なのです!

サプリメントを製造販売している彼ら自身もスポーツサプリメントのユーザーであるため、「こんなサプリメントが欲しい!」という思いのもとでサプリメントを製造しています。
そのため原料の段階からこだわり、自分たちが摂取しても良いと思える一流の供給メーカーから提供されている最高の原料のみを使用しています。
従って、彼らの製品には簡単に入手可能な低品質で安価な原料は使用されていません。

また原料のサンプルを政府公認の独立検査機関で純度の分析を行い、その結果を自社のウェブサイトで公開しています。
これにより、安全な成分が使用されていることが証明されているので安心して口にすることができるのです!

「安心」「安全」な製品の証「TSPプログラム」

バルクスポーツは製品の品質を保証するために「TSPプログラム」というものを導入しています。

このTSPプログラムというのは国際的なISO基準によって承認された検査機関によってサプリメントが、不純物やドーピング禁止薬物で汚染されていないことを証明しているもので

  1. 「原料の原産地の証明」
  2. 「サプリメントの成分純度」
  3. 「ラベルの通りの分量が含まれているか」

ということを確認することができます。
>>バルクスポーツ「TSPプログラム」について詳しくはこちら!

これほどまでにサプリメントの品質保証を行っているところは他にあるでしょうか?
並大抵ではない品質に対するこだわりを持っているため、日々真剣にトレーニングに励む多くの人に愛されるブランドとなったのです!

最新の研究結果に基づいたサプリメントの推奨量

バルクスポーツのサプリメントは最新の研究成果に基づいて考え抜かれた推奨量になっているためしっかりと効果が出やすいことも優れた特徴の一つです!

バルクスポーツでは科学的に証明できない過剰な効果を謳うということはなく、全て研究成果に基づいてサプリメントの推奨量を設定しています。
サプリメントに関する様々な最新の研究成果を入念に解析し、それに基づいているため無駄のない効果の出やすい量となっているのです!

また最新の研究結果やサプリメントに関するタイムリーな情報も発信していますのでチェックしてみてくださいね!
>>バルクスポーツ公式Twitterをチェックする!

独自の流通経路で優れたコストパフォーマンスを実現!

バルクスポーツではサプリメントを販売する際にメーカーからダイレクトにユーザーへ販売しているため、余計なコストがかからず安価にサプリメントを提供できるのです!
バルクスポーツのホエイプロテインを例にあげると、ザバスやウィダーなど大手メーカーよりも1kgあたりでおよそ500円ほど価格が抑えられています!

一般的な流通経路としては、

メーカー >> 卸売業者 >> 小売業者 >> ユーザー

というような経路で流通しています。
しかし、このように卸売業者や小売業者を仲介していることで、ユーザーの手元に届く頃にはコストがかかったぶん、値段が高くなってしまっています・・・。

一方でバルクスポーツでは、

メーカー >> ユーザー

というようにユーザーにダイレクトに商品をお届けしているため、一般的な経路よりもコストの削減が可能になっているのです!
そしてそのコスト削減分を値段に反映させて、高品質を保ったまま安く提供できています。

同じような方法でサプリメントを販売しているところも増えてきていますが、この先駆けとなったのがこのバルクスポーツです!


ここまでは、

  • バルクスポーツが高品質と言われる理由
  • バルクスポーツはなぜ低価格でサプリメントを提供できているのか

ということについてお話してきました。

バルクスポーツのサプリメントは原料の段階からこだわり、製造したサプリメントについても成分や純度、ドーピング薬物検査が第三者機関によって行われているため、安心して利用できる品質になっています。
また、甘味料、着色料などの添加物を極力抑えて製造しているのもポイントです!

サプリメントの推奨量に関しても最新の研究に基づいて最も有効な量が設定されているため、効果が出やすいことも特徴の一つです。
そしてそのサプリメントを無駄な仲介業者を挟まずユーザーにダイレクトに提供しているため、私たちは安く高品質なサプリメントを手に入れることができるというわけです!

ではここからは、バルクスポーツの主なサプリメントについて紹介していきますね!

バルクスポーツの主なサプリメント

今回は、バルクスポーツの主なサプリメントをプロテイン系アミノ酸系その他サプリメントに分類して紹介していきます!

【プロテイン】ビッグホエイ

バルクスポーツの主力商品のホエイプロテインです。
1食分で良質なタンパク質をおよそ18g摂取できる上、コストも1食あたり70円ほどと低く抑えられているのが魅力です!
ティラミス味や、ストロベリーショートケーキ味など一般的なプロテインにはなかなか無い味を含めた11種類もの豊富なフレーバーから選ぶことができ、高品質かつ低価格だけでなくその美味しさにも定評があります!
摂取タイミングとしては、起床時トレーニングの前後などが適しています!

【プロテイン】アイソプロ

こちらもビッグホエイと同じくホエイプロテインです!
異なる点としては、ビッグホエイよりも炭水化物や脂質を多く取り除いたWPI(ホエイプロテインアイソレート)製法で製造されているため、余計ななカロリーをとることなく、タンパク質のみをより多く摂取することができます。
従って余分なカロリーは摂取したくない、ダイエットや減量中の方にはピッタリなプロテインですね!
また、プロテインを飲んでお腹の調子が悪くなる原因となる「乳糖(ラクトース)」と呼ばれる成分も取り除かれているため、乳製品を摂るとお腹の調子が悪くなるユーザーにとっても最適です!
アイソプロも6種類のフレーバーがあります。
摂取タイミングとしてはこちらも起床時トレーニングの前後が適しています!

バルクスポーツ アイソプロ

バルクスポーツ アイソプロ

お腹が痛くなりにくい!高品質かつ低価格のWPIプロテイン!

公式サイトで購入する

Amazonで購入する

楽天市場で購入する

【アミノ酸】グルタミン

特に激しい運動やトレーニングに取り組む場合に必要になるのが、この「グルタミン」です。
骨格筋中に貯蔵されているアミノ酸のうちおよそ60%がこのグルタミンで、摂取することで体の免疫力向上と筋タンパク質分解の防止効果、筋肉の回復の促進効果があります。
激しい運動やトレーニングを行なった場合、体内のグルタミンが大量に消費され、免疫力の低下や回復の遅れに繋がってしまうため、サプリメントとして補う必要があります。
摂取タイミングとしては、トレーニングの前後が適しています!

【アミノ酸】BCAA

BCAAはトレーニングと合わせて摂取することで、筋肉増加、持久力の増加、体脂肪減少、筋肉のダメージ回復の促進、トレーニング時の集中力アップという効果があります。
また、一般的にBCAAは苦いのですがバルクスポーツのものは苦味を抑えてあり、美味しく飲むことができるのもメリットです!
摂取タイミングとしては、トレーニングの前後及びトレーニング中に摂取することが適しています!

バルクスポーツ BCAA

バルクスポーツ BCAA

筋肉増加、持久力増加、体脂肪減少、筋ダメージ回復の促進、トレーニング時の集中力のアップに!

公式サイトで購入する

Amazonで購入する

楽天市場で購入する

【アミノ酸】HMB

今話題のHMBもバルクスポーツは取り揃えています!
HMBはアミノ酸の「ロイシン」が体内に入ったうちの約5%がこのHMBに変換され、利用されます。
HMBはトレーニングと合わせて摂取することで、筋肉合成の促進、有酸素運動のパフォーマンス向上、筋力アップ効果があります。
1日に3g摂取するのが最も効果的な量とされているのですが、その場合アミノ酸のロイシンを60gも摂取しなけらばならず体によくありません。
そこで、このHMBをサプリメントとして摂取することがオススメです。
またこちらはタブレットタイプになっているので、味なども気にすることなく手軽に摂取できます!
摂取タイミングに関しては、1日分4〜6タブレットを好みのタイミングで摂取します!

バルクスポーツ HMBタブレット 180タブレット

バルクスポーツ HMBタブレット 180タブレット

筋肉合成の促進、有酸素運動のパフォーマンスアップ、筋力アップに!

公式サイトで購入する

Amazonで購入する

楽天市場で購入する

【その他サプリメント】クレアチン

クレアチンは筋収縮の際に利用される栄養素で、トレーニングと合わせて摂取することで扱える重量や回数が増やせる効果などパフォーマンスアップに繋がります。
より高重量、高回数をこなせるようになるため筋肉の成長にも効果的です!
またおもしろいことに筋肉だけでなく、脳の疲労回復にも効果的という研究結果も出ています。
摂取タイミングは、朝食時やトレーニングの前後が適しています!
またクレアチンを摂取している間は普段よりも多めに水分(1日3〜4ℓ程度)を摂ることが推奨されています。

【その他サプリメント】ビタマックス

ビタマックスはマルチビタミン&ミネラルサプリメントで、一般的なビタミン・ミネラルサプリメントに比べて、その吸収性や体内での利用効率が優れています。
一般的なビタミン・ミネラルサプリメントは、合成のビタミンやミネラルが使用されているため、体内での利用効率があまりよくありません。
一方で、ビタマックスはビタミンやミネラルを自然食品素材と組み合わせて複合体として摂取できるため体に受け入れられやすく利用もされやすくなっています!
またビタマックスには、ビタミンやミネラルだけでなく食事だけではなかなか取りきれない健康に有益な栄養素(プロバイオティクスなど)も摂取できる点で優れているのです。
栄養が偏りがちな場合に、食事とともに摂取することが推奨されています!

バルクスポーツのビタマックス


いかがでしたか?
ここまでは、バルクスポーツの主なサプリメントについて紹介しました。
今回紹介したものは商品ラインナップのほんの一部にすぎません。
他にも様々なサプリメントを取り扱っているので自分の目的に応じて使ってみてくださいね!
>>バルクスポーツ公式ストアをチェックする!

先ほども述べましたが、これらバルクスポーツのサプリメントは一般のスポーツ用品店やドラッグストアなどでは販売していません。
基本的には、ネットでの通信販売が主体となります。

  1. バルクスポーツ公式ストア
  2. HALEO・バルクスポーツ公式通販サイト「アセンドショップ」
  3. Amazon
  4. バルクスポーツ楽天市場店

の4つの方法が主体です。

また、ボディプラスインターナショナル本社一階の「ボディプラスショップ」や、ボディプラスインターナショナルが運営しているスポーツジム「クロスフィット代官山」内にある「HALEO代官山店」でもバルクスポーツ製品を購入することができます。
実店舗で直接購入したいという場合は、こちらを利用してみてくださいね!

最後に

今回は「高品質かつ低価格」を実現しているスポーツサプリメントブランド「バルクスポーツ」について紹介しました。

バルクスポーツのサプリメントは原料の段階からこだわり、成分や純度、ドーピング薬物検査が国際基準に基づいて第三者機関によって行われているため、その品質の高さが保証されています。
そしてそのサプリメントを無駄な仲介業者を挟まずユーザーにダイレクトに提供しているため、私たちは安く高品質なサプリメントを手に入れることができるんです・・・!

このようなスポーツサプリメントがこれまでありましたでしょうか?

バルクスポーツのサプリメントを使って体づくりの効率UP、トレーニングのパフォーマンスアップに繋げてくださいね!


この記事の著者

筋トレ計画チーム

投稿者プロフィール

初心者〜中級者向けの筋トレメニュー、スポーツサプリメントについての情報をわかりやすくお届けします。FacebookやYouTubeチャンネルでも情報を発信しているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

更新情報や筋トレ知識を発信中!

この著者の最新の記事

関連記事

SAVAS「ホエイプロテイン100 ココア味」を飲んでみた!成分、溶かした様子、飲み口はどんな感じ?

太るには「炭水化物+タンパク質」が大切!太りたい人に向けたプロテイン活用法

ページ上部へ戻る