健康的に増量したい方にオススメ!バルクスポーツ「リーンゲイナー」

  • 2018/1/23

「バルクスポーツのリーンゲイナーを飲んでみたいけど、どういうものなんだろ?」

あなたは今このように思ってはいませんか?

体重を増やすためにバルクスポーツのリーンゲイナーを飲んでみたいけど、どんなものなんだろうか。

リーンゲイナー

バルクスポーツのリーンゲイナーは、体重を増やして体を大きくするためのプロテイン

いわゆる「ウエイトゲイナー」というものですね。

ただ一般的なウエイトゲイナーとは異なる、3つの特徴があるんです…!

その特徴からリーンゲイナーは

「できるだけ脂肪をつけずに増量できるプロテイン」

と言えるものなんですよ(^ ^)

やはり増量期は筋肉だけでなく、脂肪も増えてしまうもの。

脂肪をなるべくつけずに、健康的に筋肉を増やせたら最高ではありませんか?

今回はそんなバルクスポーツ「リーンゲイナー」について、一般的なウエイトゲイナーと違う3つの特徴について紹介していきます。

あわせて実際に飲んだレビューや、オススメの摂取タイミングなどもお伝えしますね!

この記事が、これからリーンゲイナーを試してみたい人のお役に立てれば幸いです。

【ここが違う!】
リーンゲイナー3つの特徴

バルクスポーツのリーンゲイナーは、一般的なウエイトゲイナーと違う3つの特徴があります。

  1. 他メーカーよりもタンパク質が豊富に含まれている
  2. 低GIの糖質を使用している
  3. エネルギーになりやすい脂質を使用している

【特徴①】
他メーカーよりタンパク質が豊富

タンパク質

リーンゲイナー1回分には、およそ20gのタンパク質が含まれています。
(イチゴミルク味は19.2g、ミルクチョコレート味は20.0g)

この量、普通のプロテインと比較すると同じくらいですが、他メーカーのウエイトゲイナーと比べると圧倒的に多い量なんです。

他メーカーのウエイトゲイナーと比較しましょう!

※各メーカー、最もタンパク質量が多いフレーバーで比較しています。

メーカー タンパク質量(1回あたり)

バルクスポーツ
20.0g

ザバス
4.0g

ウィダー
5.0g

ケンタイ
5.9g

ゴールドジム
9.0g

いかがでしょうか?

もっともタンパク質が多いゴールドジムと比較しても、2倍以上のタンパク質が含まれています…!

やはり筋肉を効率的に増やしていくには、十分な量のタンパク質を摂取する必要が大切。

その点、バルクスポーツのリーンゲイナーは優れていると言えますね!

【特徴②】
低GIの糖質が使用されている

エネルギー

これまでウエイトゲイナーを飲んで、

「筋肉はあまり増えず、脂肪だけついた…。」

という経験はありませんか?

そのような経験がある方にこそ、このリーンゲイナーは非常にオススメです。

ウエイトゲイナーは、そもそもタンパク質と糖質の両方を十分に摂取できるよう設計されているプロテイン。

ですがどんな種類の糖質が含まれているかで、脂肪がつきやすいか筋肉がつきやすいかが大きく変わってくるんです…!

一般的なウエイトゲイナーに使用されているのは「デキストリン」「砂糖」など。

これらは非常にGI値が高く、急激に血糖値をあげてしまうんですね。
※GI:グリセミックインデックスの略。高ければ高いほど吸収が早く、急激に血糖値が上がる。

血糖値が上がると、体内では栄養を取り込むホルモン「インスリン」が分泌されます。

インスリンが急激に分泌されても、トレーニング直後に関しては問題ありません。

トレーニング直後は、インスリンで取り込まれた栄養が優先的に筋肉に送られるからです。

ただ日常生活で飲み続けていると常にインスリンが高い状態となり、摂取した糖質が筋肉だけでなく脂肪にも送られて、体脂肪として蓄積されてしまうんです…。

一方、リーンゲイナーに主に含まれる糖質は「イソマルチュロース」という低GIのもの。

消化吸収のスピードが遅く、血液中にゆっくりと取り込まれるため、急激に血糖値をあげることがありません。

GI値が低い糖質を摂取した方が体脂肪が少なくなり、筋肉量が増えることが確認された研究もあり、非常に魅力的な糖質なんです。

「体脂肪をできるだけつけずに増量をしていく」そのような場合に、リーンゲイナーはピッタリと言えるのではないでしょうか?

【特徴③】
エネルギーになりやすい脂質が使用されている

中鎖脂肪酸

体重を効率的に増やしていくためには、摂取エネルギーを増やす必要があります。

そこで摂取エネルギーを増やすため、リーンゲイナーに使用されているのが「中鎖脂肪酸」です。

「脂肪酸」と聞くと、なんだか体脂肪が増えそうな印象を受けますよね。

ですが中鎖脂肪酸は、その心配が少ないんですよ。

というのもこの中鎖脂肪酸、摂取するとすぐに消化吸収されてエネルギーになるからなんです。

そのため体脂肪として蓄積されにくく、エネルギーを増やすためにはぴったりのものなんですね(^ ^)

ただ消化のスピードが早すぎて、人によっては胃に不快感を感じる場合もあります。

そのため初めて摂取する場合、まずは中鎖脂肪酸に体を慣らすことが大切!

リーンゲイナー1回分は付属スプーン2杯です。

まずは中鎖脂肪酸に慣れるために、スプーン1杯分から飲み始めるといいかもしれませんね!


いかがでしたか?

バルクスポーツのリーンゲイナーは

  1. 他のウエイトゲイナーよりも高タンパク
  2. 脂肪になりにくい「イソマルチュロース」を使用
  3. エネルギーになりやすい脂質「中鎖脂肪酸」を使用

という3つの特徴があるため、脂肪をなるべくつけずに筋肉で増量したい場合にオススメなんです。

ではここまで、リーンゲイナーの特徴について紹介してきましたが、その「味」「溶けやすさ」も気になるところ!

リーンゲイナーのレビューもお伝えしていきますね!

【レビュー】
リーンゲイナーの「溶けやすさ」や「味」は?

リーンゲイナー

今回お伝えするフレーバーはAmazonレビューで評判のよかった「ミルクチョコレート味」です!
ミルクチョコ味

中のパウダーはかなりサラサラしています。
ですが、開けたときに舞うほどではありません。
リーンゲイナー

パウダーの香りをたとえるなら「溶かして飲むタイプのココア」のような感じですね。
リーンゲイナー

ではシェイクしていきましょう。
公式サイトでは、1回分の水は200〜250mlほど。
今回は250mlで作っていきます。
リーンゲイナー

パウダーを入れた後は、フタをしてしっかりシェイク!
リーンゲイナー

溶かすとこんな感じ。
水で作りましたが泡立ちはほとんどありません。
リーンゲイナー

フタを開けてみると、細かな泡が見える程度です。
リーンゲイナー

溶かした香りは、ココアそのままという感じです!
実際に飲んでみると意外と甘くありません。

口に入れた瞬間少し甘みを感じますが非常にさっぱりとしていて、スっと消えていくような感じです。

味をたとえるなら「甘さ控えめのココアドリンク」というような感じ。

かなりスッキリしているのに、1回分で約300kcalも摂れてしまうとは驚きです。

海外のウエイトゲイナーなどとんでもない甘さのものがあったりしますが、リーンゲイナーならゴクゴク飲めちゃいそうです(^ ^)

甘めが好きな人は200mlでつくると良いかもしれません。

また摂取エネルギーを増やすために、牛乳でも良いかもしれませんね。

他のみなさんも、美味しく飲めているようです!

いかがでしょうか?

一般的なウエイトゲイナーよりも高タンパク!
しかもできるだけ脂肪をつけずに筋肉で増量でき、なおかつ美味しい。

そんなリーンゲイナーをぜひ試してみてくださいね!

【セール情報】
Amazonでバルクスポーツがセールをやっているみたいです!
リーンゲイナーに関しては、20%オフでかなりおトクに買えちゃいます(^ ^)
公式サイトや楽天市場よりも安くなっているのでお見逃しなく!

リーンゲイナーの飲み方

飲み方

初めて飲む人は半分の量から!

先ほども紹介しましたがリーンゲイナーを初めて飲む場合、1回分スプーン2杯のところをまずは1杯分から飲みましょう!

というのもリーンゲイナーには中鎖脂肪酸が含まれているからです。

摂取に慣れていないと胃に不快感を感じる場合があるので、まずは半分の量から始めましょうね。

1週間ほどスプーン1杯で様子をみて、特に違和感がなければ通常の2杯に増やすといいかもしれません。

食間・就寝前がオススメのタイミング

バルクスポーツのリーンゲイナー、その特徴から食間就寝前の摂取がオススメです。

リーンゲイナーに含まれる低GIの糖質「イソマルチュロース」はゆっくりと消化吸収されるため、長時間にわたって体に栄養を供給してくれるんですね。

ここで「トレーニング後は飲まなくていいの?」と思われるかもしれません。

トレーニング後に関しては、普通のホエイプロテインに吸収の早いマルトデキストリンなどを入れて飲む方がオススメです。

マルトデキストリンの使い方に関してはこちらの記事で解説しています。
あわせてチェックしてみて下さいね。
>>バルクアップにはマルトデキストリン!効果的な飲み方、タイミングは?

さいごに

今回はバルクスポーツ「リーンゲイナー」について紹介しました。

リーンゲイナーは

  1. 他のウエイトゲイナーよりもタンパク質が多い
  2. 脂肪になりにくい「イソマルチュロース」を使用
  3. エネルギーになりやすい脂質「中鎖脂肪酸」を使用

という3つの特徴があるため、脂肪をなるべくつけずに筋肉で増量したい場合にオススメです。

ただリーンゲイナーに含まれる中鎖脂肪酸は摂取になれる必要があります。

初めて飲む場合は半分の量から摂取を始めましょうね!

食間就寝前に摂取して健康的に増量していきましょう(^ ^)

いかがでしたか?

この記事が、これからリーンゲイナーを試したい人のお役に立てたのであれば幸いです。


この記事の著者

筋トレ計画チーム

投稿者プロフィール

初心者〜中級者向けの筋トレメニュー、スポーツサプリメントについての情報をわかりやすくお届けします。FacebookやYouTubeチャンネルでも情報を発信しているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

更新情報や筋トレ知識を発信中!

この著者の最新の記事

関連記事

関節痛の予防・改善にオススメ!バルクスポーツ「ジョイントプラス」

カラダとココロの健康維持に!ハレオ「VIVO」の特徴や口コミは?

ページ上部へ戻る