モテる筋肉とモテない筋肉を徹底検証!

  • 2014/6/5

ベストボディジャパンやフィジークと呼ばれる、「かっこ良い身体」を競う競技大会が開催され、
ボディビルとはまた違った筋肉質で引き締まった身体が注目をされています。
本日はそのような身体づくりにはどう言った事を意識すべきなのかをご紹介いたします。

女性ウケがいいのは細マッチョ

先ず最初に女性が良い印象を受ける体型はいわゆる「細マッチョ」と言われるものです。
体脂肪が少なく引き締まって、適度に筋肉がある。
腹筋が割れていて胸板があり、腕回りは筋肉の隆起が見られる。
芸能人・タレント・アーティストや格闘技の軽量級の選手の身体などが挙げられます。
逆にボディビルダーのように体脂肪は少ないけど筋肉が発達しすぎていたり、
プロレスラーや格闘技の重量級の選手のような筋肉も体脂肪も多い状態は
どちらかと言えば敬遠されがちな傾向にあります。

モテマッチョになるためには?

では、どのような点に気をつければ女性から良い印象を受ける身体を作れるか。
先ずは体脂肪を減らせば皮下脂肪が減り、筋肉の形状が見えやすくなります。
これを達成するためには、食事で脂肪分を摂り過ぎないようにするのと同時に有酸素運動などで体脂肪を消費する事です。
食事は揚げ物や脂身の多い肉や魚を避け、低脂肪・高たんぱくを意識しましょう。
有酸素運動はジョギング・自転車など何でも構いませんので、日常的に行うようにします。

筋力トレーニングについては、身体のメリハリを出すためには重い重量にチャレンジをしましょう。
「筋肥大」を起こすためには8~15回で限界が来る重量で2~3セット、慣れたら4or5セットに挑戦をします。
ここで気をつけてほしい事は、ボディビルダーが筋肉を大きくするために行うトレーニングと
女性受けが良い身体のトレーニングの内容は何ら変わりが無いと言う事です。
ボディビルダーの方々はハードなトレーニングをひたすら何年・何十年と継続した賜物であり、
それがわずか1,2カ月では一気にあのように大きくなる事はありませんので、
メリハリのある身体を作りたいのであれば、重い重量に対して挑んで行きましょう。

特に胸・背中・肩・腕・腹筋などの上半身はプールや海で水着になった際に見える場所なので、
その部位を鍛えるエクササイズは積極的に行って行きましょう。
脚はサーフパンツで隠れてしまいますが、有酸素運動の際は脚を動かしてエネルギーを消費しますので、
脚のトレーニングを行う事でカロリーを消費しやすくする事に繋がります。
腹筋・背筋は有酸素運動で体脂肪が減る事でウエストラインがすっきり見えてきますが、
引き締めて見せるためには積極的に行っていくべき場所であると言えます。

まとめ

ここ最近は引き締まった適度に筋肉のある身体が女性から好印象を受ける傾向にあります。
体脂肪を減らすためにジョギングなどの有酸素運動を行い、
同時並行で筋肉にメリハリをつけるための筋力トレーニングと
筋肉を発達させつつも体脂肪を減らすために食事の内容を見直す。
これらを継続して行う事で身体は変わっていくと思います。


この記事の著者

筋トレ計画チーム

投稿者プロフィール

初心者〜中級者向けの筋トレメニュー、スポーツサプリメントについての情報をわかりやすくお届けします。FacebookやYouTubeチャンネルでも情報を発信しているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

更新情報や筋トレ知識を発信中!

この著者の最新の記事

関連記事

『胸だけ』を大きくするのが難しい理由

「太れない」体質の人が身体を大きくするためにするべきこと

ページ上部へ戻る